現在、多くの企業においてサーバ設備をクラウドへと移行する動きが加速していますが、PBXやビジネスホンなどの音声設備についても同様に、クラウド化のニーズが高まっています。また、固定電話とモバイル端末間の内線連携サービスを導入する企業も増えており、FMC(Fixed Mobile Convergence)のニーズも拡大しています。CSSでは、このような市場ニーズに応えるサービスとして、企業の音声設備をクラウド化し、デバイスフリー・アクセスフリーの内線環境を実現する「CSS PBX」を提供します。

Fixed Mobile Convergence
携帯電話を家の中では固定電話の子機として使えるといったような、と有線通信を融合した通信サービスの形態。狭義のFMCは、先の例のように同一の端末を場所や状況に応じて移動体通信と有線通信の双方で利用できる技術やサービスのことで、携帯電話を家庭のコードレス電話の子機や企業の内線電話として利用するサービスが提供されている。携帯電話で固定電話の安い通話料金を享受したり、社内外どこにいても一台の携帯電話で連絡がつくようになるなどのメリットがある。広義には、移動体通信と有線通信を密接に連携させる技術やサービス全般を指し、携帯電話のパソコンと同じようにを開けるようにしたり、プログラム実行機能を使ってを実装し、パソコンと文字通信できるにするといった事例まで含まれる。

インターネット回線を利用した電話サービスです。
一般加入電話のように距離に応じて通話料が高くなることがなく、通話料も格安!
IP電話にも様々な種類があり、利用方法によって大きな違いが出てきます。使用用途や規模に合わせた導入をしなければ効果的なコストの削減をすることは不可能です。弊社ではその本質を見抜き、飛躍的なコストダウンが出来るよう導入を提案しております。